読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、あなたはここにいるの?カフェ(その3) ~ ウミガメは知っている ~

 

前回は、なにかへんな終わり方になりましたが、

この本は僕にとって、生きていくうえで、重要なことを教えてくれた本です。


そのなかでも、特に印象に残っているエピソードをひとつ。

あるウミガメの話です。

 



カメって一般的に昔話でも例えられるように、素早く動く印象はありませんよね。

あるダイバーが、海中で大きなウミガメを見つけました。

ダイバーはその出来事に興奮し、ウミガメを追跡することにしました。

ウミガメは時々、ヒレ足を動かす程度だったので、すぐに追いつけるとふんだのですが、

泳げど泳げど、追いつくどころか引き離される一方で、ついには見失ってしましました。


・・・なぜか予想できますか?

そのダイバーは、幸いそのウミガメにもう一度遭遇することができました。

そこで、今度はつぶさにウミガメを観察したことで、あることに気づきました。


ウミガメは波が浜に向かっていくときは、言い換えれば逆波の時は、

ただ力を使わず浮かぶだけにとどまり、

逆に、波が沖に向かうときに(順波という言葉が妥当かはさておき)、

おおきくヒレ足を動かしていた・・・。


ウミガメは、波の力を利用しつつ、自分の力を最大限有効に利用していたのでした。


このダイバー同様、僕もこの話を読み終えたとき、大きな感嘆を覚えました。

 

f:id:sanjyuunennetaroukun:20160416001112j:plain

 

僕はそれまで真面目な人柄だったので(ただし周りの人はもっと真面目w)、

常に力を尽くすべきと思っていました。

このエピソードは自分の人生観に少なくない影響を与え、今の仕事の取り組み方にも生かされています。


あとは、一番多くの人から共感を得るだろうエピソードとしては、

「あるビジネスマンと漁師の話」

があげられると思いますが、これは是非本を手にとって読んでもらいたい話ですね。

 

 

【古本】なぜ、あなたはここにいるの?カフェ/ジョン・ストレルキー【中古】 afb

価格:460円
(2016/4/16 00:13時点)
感想(0件)