読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、あなたはここにいるの?カフェ(その5)~ なぜ人は、やりたいことをすぐにやらず「準備」ばかりに時間をかけているのか? ~

 

続かないと言いながら、平然と続けてしまう。計画性が皆無なところ。

 

それが私の悪い癖。

 

f:id:sanjyuunennetaroukun:20160417194823j:plain

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「モノを買うためだけに働いていないか?」


このエピソードは流石に長いので、エッセンスだけまとめてみました。


①日常生活の中で絶え間なく、われわれはTV番組・CM等の「広告」に、

 さらされている。


②広告には人の「無意識」に働きかける『2種類』のメッセージを発信

 している。


③ひとつは「欲望」を喚起するメッセージ。もうひとつは「恐怖」を煽る

 メッセージ。広告業界の人間はこのメッセージの効果を熟知しており、

 人々をこのメッセージのスィッチングで容易に誘導できる。

同調圧力高めの日本では、人々を誘導しやすいでしょうね。それでも

『今』は、風向きが変わってきているのも事実。)


④「モノを持てば満たされる」「モノを持たなければ『決して』満たされ

 ない」といった『充実感の有無はモノに依存する』というメッセージは

 始終、社会で流され続けている。それによって、人々はいつしかその

 メッセージを信じ込み、「命令」どおり動くこととなる。


⑤人々は「充実感の獲得≒幸せ」ため、モノを持とうとするが、そのためには

 お金が必要となる。この問題を解決するために人々は、「これは一時的な

 処置、いつかやりたいことを始める」と自分に言い聞かせつつ、人々は

 仕事を持つ。


⑥問題は、その仕事に費やす時間が、自分の好きなことでなくても、続け

 なければならないということである。そうしなければ、そのモノの代金を

 支払うことができないからである。


⑦もちろん、すべてのモノ(サービス)の購入を否定する訳ではない。

 しかし内省し、自分にとって必要なものとそうではない、取るに足らない

 ものを見極めることが重要である。そうすることで、ようやく「2つの

 メッセージ」の呪縛に抵抗することが出来るようになる。


⑧充実感は、自分自身で実感、思うものである。他人がそうだと言っている

 から、感じるものではない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今度こそ終わり

 

【古本】なぜ、あなたはここにいるの?カフェ/ジョン・ストレルキー【中古】 afb

価格:460円
(2016/4/17 20:07時点)
感想(0件)