読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、あなたはここにいるの?カフェ(その4) ~ ある漁師の男の生き方 ~

 

この本は色々な気づきを与えてくれる本だと思うんですけど、

残念ながら、もう新刊では出ていないみたいなんですよね。

なので、昨日少し触れた「あるビジネスマンと漁師の話」について一部

抜粋したいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

あるビジネスマンが休暇に出た。いろんなことから距離を置きたくて。

いわゆる、「バッテリーの充電」というもののために。


彼は飛行機で遠くの国まで行き、ある小さな村に辿り着く。

数日間、そのビジネスマンは滞在していたが、村人のうち、

ある漁師の男に興味を持つ。その男が特に幸せそうだったからである。


そこでビジネスマン(以下、ビと記載)は漁師の男(以下、漁と記載)に

話しかけた。


ビ「あなたは、毎日何をして過ごしているのですか?」


漁『毎朝起きて、妻と子供たちと一緒に朝食をとる。

  それから子供たちは学校に行き、自分は釣りに出る、

  その後、奥さんは絵を書き始める。数時間を釣りをすると、

  一家の食事には充分なだけ魚が獲れるので、早々に引き上げ、

  あとは昼寝をする。夕食が終わると奥さんと浜辺へ散歩に行き、

  そこで夕日を見る。子供たちは、目の前の海で遊んでいる。』


ビ「そんなことを毎日しているのかい?」


漁『だいたいはそうだね。時々違うこともあるが、

  まあ、いつも同じようなことだ。

  そう、これが私の人生なんだ。』


ビ「ところで、いつも魚は獲れるのかい?」


漁『そうだね。魚はたくさんいるからね。』


ビ「それなら、家族に持って帰る分より、多くの魚を獲ることも、

  できるんですよね?」


漁『そうだね。確かに必要以上に獲れることもあるが、そんなときは

  魚は逃がすんだ。私は何より、釣りが大好きなんだ。』


ビ「そんなに魚が獲れるのなら、なぜ1日中釣りをしないんだい?

  そうすれば、その魚を売ってお金儲けが出来るじゃないか。

  そうすればすぐ二艘目のボートが買えるよ。三艘目だって、

  時間はかかるまい。そうすれば、魚をもっと獲れるようになるから、

  数年で大都市に事務所を構えられるようになって・・・。

  そう、10年もすれば他の国に魚を輸出して、大成功間違いなしだ!」

  

漁師はビジネスマンを見つめながら微笑んだ。


漁『なんで、そんなことまでしなければならないのかね?』


ビ「それは、お金のためさ。そうすればたんまり儲かるし、

  そうなればいよいよ引退さ。」


漁『なるほど。それでは、引退したら私は何をするんだね?』


ビ「それは、そうなったら好きなことをすればいいんだよ。」


漁『たとえば、家族と一緒に朝食を食べるとかかね?』


ビ「そう、そうだよ。」

  
ビジネスマンは、漁師の反応が思いのほか、鈍かったので拍子抜けした。


漁『それなら私は釣りが好きだから、したくなったら毎日でも

  釣りをするんだね?』


ビ「それでいいんじゃないかな。そのときには魚は少なくなって

  しまっているかもしれないけど、それでも少しは獲れるさ。」


漁『それから、夕方になったら妻と時間を過ごすということだね?

  そのとき子供たちは、目の前の海で遊んでいる・・・。』


ビ「そうだよ。好きなことが出来ていい人生じゃないか!もっともそのころは、

  子供たちもすっかり大きくなってしまっているだろうけどね。」


 漁師はもう一度、ビジネスマンに向かって微笑み、彼と握手をし、

『バッテリーの充電がうまくいくように。』と声をかけて去って行った。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

f:id:sanjyuunennetaroukun:20160416214625j:plain

 ↑↑↑

(自分の話が、全く刺さってない様子の漁師の男を前にしたセールスマンの

 男の心境)

 

このエピソードを読むと、「今」を大切することの重要性を痛感させられます。

「今」を蔑ろにして、輝く「未来」が訪れるはずがない・・・。

 

続かない

 

【古本】なぜ、あなたはここにいるの?カフェ/ジョン・ストレルキー【中古】 afb

価格:460円
(2016/4/16 17:22時点)
感想(0件)